未来のコンピューター | 株式会社あずきプランニング

未来のコンピューター

未来を予測するマシン、量子コンピューターの「いま」

 

現在のコンピューターは、2進法の世界で動いている。

 

よく言われる、「+」か「-」の世界。

「0」か「1」

「On」か「Off」

の世界。

 

これには、限界があると言われていた。

 

また、「量子コンピューター」というものの開発が進んでいる、という事も聞いた事がある。

こちらは、「アナログ」の世界になると・・・・・

 

どうも、その開発が進んできている様だ。

 

 

未来を予測するマシン、量子コンピューターの「いま」

 

上記の記事にある様に、

 

「30年以内に人間の知能を超えるコンピューターが生まれる」

 

らしい。

 

量子コンピュータを使えば・・・・・

 

少し前に、こんな記事もあった。

 

今後、コンピューターの発達によって、「消える、なくなる」仕事が90%以上ある。

 

というショッキングな内容だった。

昨年末のこの記事は、記憶に新しい。

 

そして、今回の記事。

 

「30年以内に人間の知能を超えるコンピューターが生まれる」

 

 

 2001年の映画で、「A.I.」という映画がある。

 

これは、

 

スピルバーグが贈る愛と感動のSF超大作 構想から20年。

キューブリックの遺志はスピルバーグへと引き継がれた。

デイビットは11歳 体重27キロ 身長137センチ 髪の色、ブラウン その愛は真実なのに その存在は、偽り ”愛”をインプットされて生まれてきたA.I.(人工知能)の少年の、数千年にわたる壮大な旅を描いた物語。

近未来-ついに”愛”をインプットされた少年型ロボット、デイビットが誕生する。

彼を試験的に養子に迎えたスウィントン夫妻は、愛情深いデイビットをいつしか本当の子供のように思い始める。

しかし、不治の病に冒されていた実子が奇跡的に回復したことで、デイビットは居場所を失ってしまう。

母モニカに愛されたいデイビットは、人間になる方法を求めて旅に出る...。

(amazonより引用)

 

という内容の映画。

 

話題にはなったが、興業的には今一つだったらしい。。。

 

確かに。。。

長いし。

難しい。

 

でも、私は好きな映画の一つで、DVDも持っている。

 

この映画で描かれている様な世界が現実化するのかもしれない。

 

フト、考える。

 

「じゃ、人間てナニ?」