造り(つくり) | 株式会社あずきプランニング

造り(つくり)

造り

差別化要素を付加

通常、日本酒は「三段仕込み(さんだんじこみ)」で仕込まれます。
ここの工程を「造り(つくり)」と言います。

・初添え
・仲添(なかぞえ)
・留添(とめぞえ)

各工程で温度管理をしながら醪(もろみ)の発酵をしっかり管理していきます。

商品(サービス)の場合は、必ずしもこの3工程を経なければいけない訳ではありませんが、ここも大事な工程です。
ここでは、商品(サービス)に、様々な差別化要素を加えていきます。